為替が荒れたときの初心者の心得

ギリシャ問題がどのような問題なのかは本質的には分かりませんし、まして本質的な解決策の見当すらつきません。

ただし、このような大きな国際問題が発生すると必ず通貨は大きく動くので、そのときにはポジションをとった方が大きく儲けることができるときもあります。ただし、このようなときにはデイトレのようにすぐにポジションを閉じてしまうような取引で薄利な取引を行なうことはありません。このようなときには数日ポジションを保有する取引を行ないたいと思います。

ただし、為替が大きく動いたときに持ったポジションに含み損が発生すれば、そのポジションはナンピンしたりはせず、その日のうちにポジションを解消しなければならないと思います。なぜならば、このように大きく為替が動いたときに一日ポジションを持っても含み損を抱えるということは、その取引が為替のトレンドに逆らっているということを意味するからです。

ただし、含み益が出たときにはそのまま持ち越して、利益を伸ばしたほうは良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>