RSIの逆張りでスキャルピングするFX生活

私はFXでスキャルピングを始めてからまだ日は浅いですが、誰でもチャートに一本は表示する移動平均線でも短期取引をするときにはなんとなく使いにくいと感じたので、テクニカル分析はほとんどRSIを頼りにしてエントリー場所を探しています。

何が気に入ってこのテクニカル分析を選んだかというと、RSIは動く数値の幅が決まっているから判断がしやすくて移動平均線ほど曖昧には見えないし、逆張り向きなので短期で素早く取引していくためには私にとって欠かせないものなのです。

ちょっと先の動きだけ予想したらいいからそんなにダイバージェンスは重視していなくて、単純にRSIが30以下70以上のラインを超えたら逆張りといういたってシンプルなやり方だけれど、レンジ相場でFXをするならこの方法が一番だと感じています。

一日単位で見てもラッキーなことに成績は安定していますし、損失を次の日にまとめて取り返すというデイトレのときに感じていた義務感がなくなったので、落ち着いて淡々とスキャルピングをこなすことが当たり前の毎日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>